前へ
次へ

アレルギー性疾患の予防と治療

花粉症や気管支喘息など、アレルギー性疾患で苦しんでいる方は多いです。アレルギー性疾患は子供の時から罹る人や大人になってから発症する人もいます。アレルギー性疾患に罹る原因は、人体には防御機能があるため外部から入ってくる物質に対して、過大な反応を起こすことがアレルギーなのです。花粉症でいうと人体に侵入した植物の花粉を排除しようとアレルギー反応が起きて、鼻水が出たりくしゃみをしたりするわけです。それから花粉症対策としては、ストレスをため込むことのないように規則正しい生活を送り、外へ出るときはマスクをしたりゴーグルをつけるなどして予防することです。また気管支喘息であれば部屋をきれいにして、ゴミや埃が溜まらないようにします。そして医療機関の治療は花粉症の場合は内服薬や点鼻薬で治療したり、免疫療法を行うこともあります。気管支喘息の治療はレントゲン検査を行ったり、医療機器による呼吸器の検査を行い、飲み薬などで治していきます。

Page Top