前へ
次へ

医療現場で働くための進路

現在、学生の方の中には、将来は医療の現場で働きたいという夢を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。医療の仕事と聞いて真っ先にイメージするのが医師ですが、医師になるためには大学の医学部に進学しなければなりませんが、医学部はかなりの難関であり並大抵の学力では合格できません。一方、勉強に自信のない方であっても、看護師であれば十分に目指すことができるケースもあります。看護師になるためには、看護学校に通ったり、看護大学に通ったりすることで、看護師の国家試験を受験する資格を得る必要があります。この看護師の国家試験は、卒業資格のある方のうち、かなりの数の方が合格できると言われているので、きちんと学校で学べば医療現場で働くという夢は実現させられます。ただし、進学先の難易度によって、就職先が異なってくる可能性はあります。例えば、就職倍率が高い大病院の看護師になるためには、専門学校卒よりも四大卒の方が有利となるでしょう。

Page Top