前へ
次へ

医療ツーリズムの考察

日本のようにしっかりとした医療制度が整っていて、さらに、国民健康保険制度がある国というのは稀です。そのため、医療制度が脆弱な国のお金持ちたちは、その国の医療を全く信用していないだけでなく、当てにしていないことから優れた医療を求めて医療ツーリズムに参加することで知られているのです。特に、アラブのお金持ちたちは、大きな手術を行う場合には、アメリカやイギリス、また、シンガポールなどへ足を運びます。時々、ニュースでも有名人が海外の病院に入院しているというニュースが海外で報道されることがあります。それと比較すると、日本の有名人が、わざわざ病気の治療のために海外の病院へ入院する、などということは実に稀です。それは、日本の医療制度が整っていて、国民健康保険を利用すれば、少ない負担で治療を受けることができるからです。美容医療を除けば、日本の人は海外のお金持ちのように、わざわざ医療ツーリズムへ参加する必要性はありません。

Page Top